あまぁぁく・すぅぅっぱく・やぁぁらかくっ♪
Creme de casssis★
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
求めるモノ
2006年 04月 10日 (月) 01:06 | 編集
求めるモノ。
ひとそれぞれやと思う。


家族に求めるモノ。
友達に求めるモノ。
彼氏に求めるモノ。
バイトに求めるモノ。。。



好きな人に求めるモノ。



私は、
きっと
間だな。


【間】



空気感ってゆーか、
間の持てる人に惹かれます。




かっこいい間のもてる男に心打たれるし、
かわいい間のある娘に心ひらいちゃう。

なかなかいないんだよな。
簡単なよーで。



求めるモノ。




就活でもよく聞かれる求めるモノ。
企業そのものに求めるモノ。
業界を選ぶ際に求めるモノ。



自分に求めるモノ。



2010年の自分について作文をその場で書いた。
2010って数自体が夢みた数字に思えてしまう。

ミレニアムってはしゃいだあの日は6年前。
カウントダウンだって。
ぎゃーぎゃー騒いだ気がする。
小学生をざっとかけめぐったことになるんだよね。




月日は流れるんだよね。
確実に。



あのときより、世界はよくなったかな?
って考えると、不安になっちゃうから、
まずは自分のことだよ。



あのときよりも、ちゃんと考えてますか?
ちゃーんと、現実を見つめてますか?



どんな大人になりたいの?
どんな風に成長したいの?
あなたがうちの会社で働くとどんなメリットがあるの?




2010、26歳。
描く姿は、いつも決まってる。
あの時からかわらない。



それは、仕事ではなく中身。
あんな風に笑うこと。


とある本で、この言葉を目にしたときなるほどって想った。
まとめると、
人には、存在そのものが影響を与えるタイプと
演じきることで価値がうまれるタイプがいるって感じだった。




例えば、髪型から、スタイルが、マネをされ、ブームになる人。
カリスマ的に主役になるタイプ。
そぉ、キムタクとか、山口智子とか。



後者は、本人にスポットがあたるんじゃなく、本人の演じたその主人公に、スポットが当たるタイプ。
それがまさにオレだって、唐沢寿明は言っていた。



なるほどなぁって思った。それに気づくことが大切なんだって。
オレと山口智子は違うって言っていた。
彼女は、その存在そのものがスポットライトを浴びる人間なんだって。



オレは、人一倍、その役をこなし、なりきってこそ価値が出てくるって感じのことを言っていた。



その通りだと想う。
唐沢さんはカッコいいってホントに想う。
その魅力はどこか?
やはり私は、演じている姿に惚れる。



人には、それぞれ魅力の部分が違う。

それをどれだけ把握し、発揮できるか。
その能力を高めたい。

面接にしても、アピールしたいのは、
見かけのコミュニケーション能力だったり、積極性だったり、笑顔じゃない。



自分が一番、sparkleできること。
それが、一番の理想であり、掴まなきゃならない形。




求めるモノ。
求めるモノ。求めるモノ。

求めていいと想う。
遠慮することなく、求めよう。



その倍自分が磨いて、
求められる女になれば、
きっと2010は
想い描く時間を掴むはず。


スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
なるへそ…
考えさせられました。
2006/ 04/ 11 (火) 13: 33: 40 | URL | emico # JalddpaA[ 編集 ]
私はえみこの2010がみたい★
おねーさんしてそーね!!
2006/ 04/ 11 (火) 17: 46: 45 | URL | anna # wNlbwpMM[ 編集 ]
すごい深い内容だね~。
2006/ 04/ 12 (水) 14: 05: 33 | URL | mori # -[ 編集 ]
もりさま!
えへっ、たまにはね!
就活しながら、感じたことを書きまひた!
昨日はごめんね!
2006/ 04/ 12 (水) 14: 19: 23 | URL | あんな # G87DcSv.[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Creme de casssis★ all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。